「思考は現実化する」の中での高い報酬にする方法に意見あり!

ナポレオンヒル著の「思考は現実化する」。社会人としてではなく、人生を生きていくため、着実に歩んで行くために分かりやすく書いてある本と私は捉えています。今、世界のトップシーンを走る人の全てにこの本の教えが当てはまり、「あの人はこの本を読んでいたのだろうか?」と思ってしまうほどです。その分かりやすさからか、ある程度の大きさの本屋さんなら、どこでもこの本を手に取ることが出来ます。この本を中学時代に読んでいれば、大学時代に読んでいれば自分の人生も変わっていたかも知れないと少しの後悔が出るほどですが、報酬についての記載には鵜呑みには出来ないものがあると感じました。この本では、より良い収入を得るには収入以上の仕事をすることとあります。時間内で終わらなければ、残業も進んでやることの大切さを教えます。そこまで勤勉な従業員を企業は見放すわけがなく、軽視する企業ならば転職して他で重宝されるというものです。この本が書かれたのは約100年くらい前。この理論がまさに正論でした。今では、人をいいように使う企業が横行しています。競争と勘違いし、残業するのは当たり前という風潮もあり、自分にとっての大切なことを見失う時代と言えます。やりたいことを仕事にするならば、仕事をしている時間を労働時間と捉えない、感じないゾーンに入ります。このゾーンに入れる人は、限られた人ということになり、ゾーンに入れない人は真にやりたいことを見つけることからやり直すというフォローが必要と感じました。鵜呑みにしてしまった人は大変危険なので、解釈の仕方、客観的に自分の今を見るという視点が必要です。ミュゼ 予約 変更

「思考は現実化する」の中での高い報酬にする方法に意見あり!