とっても、靴の紛失にはぶったまげました

小物が絶えるという結果いえば、至高、驚いたのは、乳幼児の運動靴がなくなったことです。ぶったまげました。
しかも、10分け前程度の間にだ。
それがあったのは、学院でもよおされた餅付きフェスティバルのことでした、ずうずうしくも、家族で、つきたてのお餅を取り入れに行ったのでスが、当時、小学生2年生の乳幼児は、わきの体育館であそびたくなり、「いくぶん、遊ぶ」といって、靴を脱いで、遊びに行ったのです。
しばらくして、乳幼児が帰って欠けるので、行くと、「靴が無い」といいます。しんじられず、また、人込みなので、どこかに置き忘れてしまったのだと思い、乳幼児をしかり、家族で見つけ出しまわりました。わずか、10分け前だ。過日に、靴を持っていかれてしまったのです。これは驚愕でした。
まだまだ、5回程度しかはいていない、ノーブランドの靴なのです。しかたがないので、学院の上靴をはいて、自転車にのせ、田んぼのあぜ道をとぼとぼ舞い戻り始めました。ただ、不可思議でした。

とっても、靴の紛失にはぶったまげました

お手製の贅沢ピンク色の「シソ飲料」を作ってみました。

紫蘇飲み物を作ってみました。断じて自作をやるユーザーではないのですが、農業成果体験をする機会があり、じゃがいもと一緒に「赤紫蘇も何はなくとも」といわれ、成果させていただいたのです。とはいえ、旦那さんは梅干し、紫蘇の類が不得意で食べられません。最近では上級でも赤紫蘇が売っていて、脇に飲み物の処方箋の製法がおいてあります。作るのに必要なのは、お砂糖とお水とドラッグストアで並べる食用のクエン酸だけだ。
在宅にいらっしゃる一番大きなお鍋にお湯をわかし、丁寧に洗った赤紫蘇を注入します。こういう洗うオペが実はほんまでした。農家君が上級に市販達するときのエネルギーの多さに期待をはせたほどだ。グツグツと煮立ていると赤紫蘇の色素が溶け出しているのか、葉っぱが緑になってきました。そしてお砂糖を入れ、クエン酸を入れます。そのクエン酸で、まったく魔法のように鮮やかなピンク色に変わりました。野生の色彩とは思えない可愛らしい桃色だ。こういう色彩に魅せられて、?日、お手製のシソ飲み物を楽しんでいます。http://www.sleeekingenting.biz/

お手製の贅沢ピンク色の「シソ飲料」を作ってみました。