スタバのほうじ茶ラテを自宅で再現してみたものの…

私はコーヒーよりもどちらかというと紅茶派なのですが、スターバックスなどのカフェに行ってお茶をするのは大好きで、1人でも買い物帰りにお気に入りの席が空いているのを見つけると、ふらっと立ち寄って休憩します。
そんな私がスターバックスでいつも飲むのは、ほうじ茶ラテです。最初に友人から美味しいよと教えて貰った時は、ほうじ茶にミルクや砂糖を入れて飲むなんて…と、全く友人を信用していませんでした。しかし、半信半疑で飲んでみると、普通の紅茶のラテと変わらず、ほんのりほうじ茶特有の味や香ばしい匂いがして、ホッとする様な美味しさに、私はビックリしました。
先日知り合いからほうじ茶のティーバッグを沢山貰った私は、スターバックスの事を思い出して、自宅でほうじ茶ラテを作ってみようと考えました。ミルクを泡立てる機械を持っていなかったので、わざわざ百円ショップで電動のミニクリーマーを買って来て、ミルクの泡を作り入れて作ってみました。
心配した泡はまあまあ上手く出来たのですが、自分で作ったほうじ茶ラテを飲んでみると、いつも好んで飲んでいるスターバックスの様な味ではありませんでした。どうも、ほうじ茶の味が強く出過ぎて、ミルクや砂糖と合わない感じでした。
ほうじ茶と一口に言っても、色々種類があるのかもしれませんし、たまたま私の使ったほうじ茶がラテにするには不向きだったのかもしれませんが、結局ほうじ茶はそのままお茶として自宅で飲み、ほうじ茶ラテはスタバに行って飲んでいるトホホな私です。http://www.thelonemedievalist.com/entry18.html

スタバのほうじ茶ラテを自宅で再現してみたものの…